大沢 周子 オオサワ チカコ

大沢周子1936年生まれ。群馬県前橋市出身。中央大学文学部卒業。出版社勤務を経てフリーランスのジャーナリストに。テレビ局勤務の夫の転勤により1976~82年の間 ニューヨークに滞在。現地でジャパン・ソサエティ「日米交流文化プログラム」「日米婦人会」の定例講座などを企画・実施。帰国後は神奈川県教育懇談会委員、逗子市教育委員長などを歴任。
著書『たったひとつの青い空』(文藝春秋刊)は、1987年秋NHKより『絆(きずな)』として放映、昭和62年度文化芸術作品賞受賞。昨年末に3年あまり取材をしていたホスピスの現状を『ホスピスでむかえる死』と題して文藝春秋から出版。反響を呼び、版を重ねている。

主な著書

  • 『たったひとつの青い空』(文藝春秋刊)
    『バイリンガル・ファミリー』(筑摩書房)
    『ホスピスでむかえる死』(文春文庫)
    『自分でえらぶ往生際』(文春新書)
    『家族介護 この究極のドラマ』(講談社)

世界に例のない超高齢社会、日本です。いま、親を看ているのは「もはやすでに若くない日本の息子と娘たち」。昭和10年の平均寿命は男性47歳、女性50歳でした。「親孝行、したいときに親はなし」は、昔、むかしのはなしです。このドキュメントは介護の方法を説明する実用書ではなく、高齢社会の家族ドラマです。取材する過程で私自身が学んだことを「かつて若かった人に、これから老いてゆく人」に伝えたい。 人生の残り時間をどう生きるか、を決めてゆくうえで、なにがしかの手がかりになるのではないか、と願いつつ書きました。

現在執筆中 『孫たちに語るあの戦争』

講演テーマ例

ホスピス関連

  • ホスピスの現状
  • ホスピスで迎える死
  • 最愛の人を失って、心のケアを・・・
  • いかに生き、いかに死ぬか・・・

家族介護

  • 在宅介護か、施設介護か
  • やがて訪れる死への道をどう生きるか
  • 介護家族からのかけがえのないメッセージ

戦争を"語り継ぐ、傾聴する、慰霊する"