古谷 浩 フルタニ ユタカ

古谷浩1937年、福井県生まれ。ジャーナリスト、「グループKAY」代表。京都大学卒業後、同大学大学院在学中に米国カリフォルニア大学・ロサンゼルスキャンパス(UCLA)大学院心理学研究科修士課程へ2ヵ年半、フェローシップ(奨学基金)留学。帰国後京都大学大学院修士課程修了。
毎日新聞社入社。社会部、経済部、「英文毎日」編集部記者、同副部長(大阪、東京)を経て、1987年~92年、「英文毎日」編集長。毎日新聞社終身名誉職員。
毎日新聞社在職中、海外での取材活動(50数回)をベースに署名記事を多数掲載。 シンガポール国立大学、関西日英協会や外資系企業で英語講演。また、大阪日米協会及び大阪―サンフランシスコ姉妹都市協会の理事を務めた。
毎日新聞編集委員を経て、1992年同社を早期退職。同年4月より二つの大学で専任(助教授、教授)として数年間ずつ計15年間勤務。大阪市立大学商学部、旧大阪府立看護大学(短大部)でも多年にわたり非常勤講師として教鞭を執った。NHKラジオにも出演。

所属学会など

  • 日本時事英語学会
  • 日本英語コミュニケーション学会
  • 大阪日米協会
  • 関西日豪協会
  • 関西日英協会
  • 大阪日仏協会
  • UCLA日本同窓会
  • 毎友会

著作

  • 『大学教授は虚業家か』(早稲田出版)
  • 『時事英語を通じて世界を見る』(学生援護会)
  • 『英語を話せば世界が変わる』(学生援護会)

講演テーマ例

  • アメリカとは如何なる国か
  • 最新中国事情
  • 朝鮮半島の問題点
  • ASEANの現在と未来
  • EUは日本をどう見ているか
  • 統一後のドイツの現状を見る
  • インドという民主国家の現在と将来
  • 教育問題全般(国内外)