松本 利通 マツモト トシミチ

松本利通1941年埼玉県生まれ。東京大学教養学部教養学科(国際関係論専攻)卒業。同大学大学院を中退して朝日新聞に入社。経済部記者、論説委員補佐(「天声人 語」担当)、日英バイリンガル情報紙「朝日ウイークリー」編集長、英文季刊誌「Japan Quarterly」編集長などを経て、国際編集部編集委員。2001年6月に定年退職。フリーのジャーナリスト活動を続けるとともに、2002年4月から拓殖大学講師として「文章表現の基礎」という講座名で、日本語の文章の書き方を教えている。この間、2002年4月から2005年3月まで明治学院大学 講師(担当は英語)も兼任した。NPO団体「中央区ウェルネスコミュニティ」が主催する「全国感動体験作文コンクール」の選考委員を長年にわたってつとめている。
熱烈な鉄道ファンとしても知られ、各地の市民大学、ロータリークラブ、ライオンズクラブなどで、駅弁や鉄道の旅をテーマに講演を行っている。

主な著書

  • 「Ekiben-Japan's Savory Train Fare」(英文。タイトルは「駅弁-日本の列車の旅のすばらしいごちそう」の意味
  • 「Japan Quarterly」2000年1-3月号)
  • 「東海経済をになう人々」
  • 「続サラリーマン生態学」
  • 「燃えつきる地球」
  • 「マーケット日本』
  • 『ソフト新商売」(いずれも共著。朝日新聞経済部編)
  • ほか 雑誌「沼声」に「鉄道の楽しみ」を25回連載。
  • 現在はその続編として「旅で出合ったもの」を連載中。

講演テーマ例

  • 駅弁文化論 ~ 日本が誇る駅弁のすばらしさ
  • 駅弁に見る日本人の美意識
  • 最新駅弁事情
  • 駅弁のニュートレンド
  • 鉄道に乗って旅に出よう
  • ローカル線の楽しみ方
  • スローな旅のだいご味
  • ひとり旅のすすめ
  • あなたも書ける明快な文章
  • 文章表現の基礎(読みやすく明快な文章を書くコツ)
  • いい文章を書く基本テクニック
  • もっと上をめざす文章教室
  • 文章に磨きをかける秘訣
  • 自分を活かすコミュニケーション
  • 円滑なコミュニケーションのための心得