片岡 五郎 カタオカ ゴロウ

片岡五郎俳優、人材育成コンサルタント。
1944年東京生まれ。法政大学、俳優座養成所15期卒業。
大学在学中にテレビ「青春とはなんだ」で青春スターとしてデビュー。その後、「これが青春だ」「柔道一直線」など多数の青春ものに出演する。
30代より青春スターから悪役俳優に転向。
以降、ドラマでは「水戸黄門」「西部警察」「火曜サスペンス」「土曜ワイド劇場」「ピュア」、映画では「けんかエレジー」「仁義なき戦い」「シコふんじゃった」 「Shall we ダンス」など、テレビ・映画・舞台で活躍中。

1987年より、経営診断士として企業研修、人材開発など新しい分野での活動を始める。特に、子供に叱れない親、部下に叱れない上司など、「叱り方」を テーマにした講演を得意とする。また、国際魅力学会の講座では「営業の達人講座」「プロ講師養成講座」「トーク&アクション講座」「魅力心理学集中講座」 の指導講師として人材発見・養成で活躍中。
悪役俳優による企業戦士の養成は話題となり、NHK「一都六県」「首都圏ニュース」「浅野ニュース」「ワイドスクランブル」などに出演する。
また、現在、早稲田大学で魅力学(ドラマチック・パフォーマンス)を教えている。俳優業のかたわら、大学や企業などからの依頼で全国を飛び回っている。

著書

  • 『悪役が会社を救う』(プロスパー企画)
  • 『部下は必ずついてくる!「叱る」魔術』(日本実業出版社)
  • 『初めての講師デビューノート ~ 折り返しの人生にライトがあたる!!』片岡五郎、マダム路子共著(明日香出版社)

講演テーマ例

  • リーダーの魅力学
  • 頼れる親父になるには
  • ハッピー・コミュニケーション