松原邦久 マツバラ クニヒサ

松原邦久 専門分野
中国ビジネス全般
主な著書
『チャイナハラスメント』 新潮社(新潮新書)
講演ジャンル
・マネジメント ・企業経営 ・危機管理

プロフィール

1967年 同志社大学法学部法律学科卒業
鈴木自動車工業(現スズキ)に入社
1970年 国内営業部
1976年 スズキ労働組合専従
1982年 アジア輸出部
1995年 中国部部長
1999年 海外四輪営業部参与
2001年 重慶長安鈴木有限公司副董事長兼総経理
2004年 スズキ(株)北京事務所首席代表
中国の温家宝首相から国家友誼奨を受賞
2006年 スズキ(中国)投資有限公司董事長兼北京事務所首席代表
2007年 スズキ(株)退社
2008年 愛知大学経営学部非常勤講師(08年~13年)
東京精密顧問(08年~10年)

講演実績

  • 大阪商工会議所
  • ジェトロ北海道、ジェトロ松江、ジェトロ富山、ジェトロ愛媛
  • 日中経済協会
  • 日本IBM本社、日本IBM大阪本社
  • 政策研究大学ダウ学院
  • 日本工業大学専門職大学院
  • 大阪市立大学
  • 法政大学
  • 日本電産
  • コニカミノルタ
  • (株)三五
  • 中部マーケティング協会
  • 東京精密
  • (株)ミクニ
  • 日本自動車工業会部品部会関西支部

講演テーマ

「中国で企業をマネジメントするポイント」

  • 付加価値を生み出すための三つのルート
  • 組織のマネジメント
  • 環境のマネジメント
  • 中国人に任せたは禁句
  • 社員に直接語り掛ける
  • 社員のインセンティブもギブアンドテイク
  • 中国人は儲かると分かれば一生懸命になる
    などを具体的に例示しながら中国でのマネジメントのポイントをお話しします。

「中国人ビジネスマンの頭の中」

中国人は、ときに日本人の我々から見ると唖然とするような行動をとることがあります。それはなぜなのか。行動の原因を解説します。中国ビジネスを行う上で参考にしてください。

  • 約束違反を自慢し、平気でウソをつく経営者
  • 法律よりも交渉を重んずる
  • 外組織にはウソをついても構わない
  • 面子を潰されたら必ず仕返しをする
    など

「中国事業から撤退する」

中国からの事業撤退が加速しています。特に中小企業は、進出時にいい加減な契約内容で急いで中国に出て行ったため、撤退時に苦労することがあります。中国の地方政府は、自分の実績が下がることを恐れ外資の撤退を認めたがりません。ではどうしたらよいのでしょうか?
実際に撤退交渉してきた経験をもとに生きた対策を講演します。

講演の特徴

  • 中国の開放政策の初めから中国の変化を見てきた貴重な経験を基に講演します。
  • 市場の発達していない中国で二輪車・四輪車の生産販売を経験し、多くの中国ビジネスのノウハウを身に付けています。
  • 中国ビジネス30年の経験を活かし、机上の理論ではない実践からの理論をお話しします。
  • 状況に応じた生きた対応策を述べることが可能です。