伊藤 文 イトウ アヤ

プロフィール
食ジャーナリスト。在仏25年。
食関連の企業やクリエーターを日仏でつなぐ、食のメディアであり食のキュレーターである「DOMA」を創立、主宰。
「DOMA」にては、その場限りではない、クリエイティブな視点や発想、確かなネットワーク、豊かなコミュニケーション力を生かして、日仏企業や個人事業者、アーティストをサポート。
「知と文化を携えた食の未来」をミッションに、現代と未来に求められる循環する食環境やマーケットを、過去の遺産とヴィジョンを糧に開拓、創造することを目指す。
商品展示販売のショールーム、庖丁研ぎ教室、イベント会場であるatelier DOMAをパリ12区にて運営。
NOTEページ https://note.mu/aya_ito
キュレーション、コンサルティング事業例
・「サロン・ド・ショコラ パリ」協賛企業(2017年より)
・大阪府堺市「堺食産品海外プロモーション及び、庖丁展示販売」
・京都府「宇治茶プレミアムブランド化事業」、パリ・プロモーション実施
・そごう西武株式会社 全国バレンタインイベント「ショコ・フォリ」企画プロデュース 企画推進
・有田・株式会社カマチ陶舗、菅原硝子工芸株式会社など、ヨーロッパ市場開拓サポート
・サロン・ド・ショコラ内イベント 宝酒造株式会社 スパークリング清酒「澪」、「澪DRY」とチョコレートのマリアージュ。
・百貨店ボン・マルシェ「ジャパン・リヴ・ゴーシュ展」フード部門コンサルティング・メディア事業
・メゾン・エ・オブジェ・パリ「Cook+Design」企画参加
・アラン・デュカス・グループ主宰イベント「パリ、日本との出会い」企画参加
・花王株式会社 感性科学研究所 
・株式会社そごう・西武  
など
著書・訳書
ジョエル・ロブション著「ロブション自伝」 中央公論新社
グリモ・ド・ラ・レニエール著「招客必携」(1808年、料理の手引書のバイブル)中央公論新社
ピエール・ガニエール、エルヴェ・ティス著「料理革命」中央公論新社
フランソワ・シモン著「パリのお馬鹿な大喰らい」中央公論新社
「パリ、カウンターでごはん」誠文堂新光社
「フランスお菓子おみやげ旅行」東京書籍
など